口コミ評価が高い1番人気の業者はここ!
ハイローオーストラリア
圧倒的支持で人気No,1のハイローオーストラリア!!
ペイアウト2倍の取引で大きな利益が狙える!
業界最安値!5,000円から入金ができる!
銀行送金で翌日出金!トラブル0の業者!
口コミ・評価・評判の抜粋
  • 日本のトレーダーの中では一番評判良いんじゃないですかね。ハイローオーストラリアは自分も使っている業者ですがペイアウト率や出金対応など、総合的に考えて使いやすい業者だと思いますよ。
  • クイック入金は本当に速いですね。クレジットカードだと出金に少々時間かかるので銀行送金に替えてみたんです。クイック使える口座を持っている方は銀行送金がおすすめ。
この業者の口コミ評判をみる 公式サイトへ行く

1月第1週目はご祝儀相場と米雇用統計でドルが大荒れ!113円台を割り込むかも

ご祝儀相場 米雇用統計

1月第1週目はお正月ムードも早々に為替の変動に注意する必要あり

早いものであと数日で2017年が終わります。今年は色々とありましたね。

そんな哀愁漂って今年を思い返すのもいいですが、来年は年明け早々経済指標が動く大きい経済指標が発表されるためのんびりとお正月気分を満喫してられません!

2018年1月2日(火)はご祝儀相場となり為替が大きく動くと予想されます。そのためおこたでぬくぬくしてる場合ではありません。

そして1月第1週目には米雇用統計アメリカ・ADP雇用者など為替が動きそうな経済指標が発表されるため要チェックです。

あとはいつ北朝鮮やアメリカが行動に出るか分かりませんし、地政学リスクの再熱も心配されます。トランプ大統領が「エルサレムを首都に」のようなトンチンカンな発言をする可能性もあるのでニュースなどに敏感にならないドルの暴落などの対処も必要です。

2018年1月2日(火)17時頃が狙い目!ご祝儀相場で一儲けチャンス

1月第1週目の為替が動きそうな経済指標

● アメリカ・MBA住宅ローン申請指数 1月3日(水)21:00
米国で新たに決まった減税政策の効果が不動産業に流れるかがポイントになります。
不動産に関してはこの指標だけという単発的なものではなく長い目で見据えて為替へ与える影響を考えなければいけないため、少し手を出しにくい指標ではありますが為替の動きに逆らわず購入すると利益が出せるでしょう。

経済指標発表後の為替予想 ⇒ USD/JPYならHIGH

● アメリカ・ISM製造業景気指数 1月4日(木)00:00
米国の製造業における景況感を測るための重要指標です。前回の58.2よりも下回る57.9になると市場では予想されているためドル売りが目立つかもしれませんが、一時的なものでしょう。ただし大幅に前回よりも下回る結果ならば113円台を割り込むような動きになる事も予想されます。

経済指標発表後の為替予想 ⇒ USD/JPYならLOW

● アメリカ・FOMC議事録 1月4日(木)04:00
前回のFOMCで話合われた結果が公開されます。すでに発表された指標なので大きく為替が動く事はありませんが、サプライズ的な内容があればドル買いの材料になりますが、「慎重に経済を見極める」のような予想とおりの内容であれば一時的にドルが売られる程度でとくに為替に大きく影響を与える事はありません。

経済指標発表後の為替予想 ⇒ USD/JPYならLOW

● アメリカ・ADP雇用者 1月4日(木)22:15
5日に発表されるアメリカ・雇用統計の先行指標として注目されている指標です。前回の19万人を上回る19.3万人と市場予想が出てるので、その通りであればドル買いが進むでしょう。

経済指標発表後の為替予想 ⇒ USD/JPYならLOW

● ユーロ・消費者物価指数(HICP)(概算値速報) 1月5日(金)19:00
ユーロ圏のインフレ動向を示す重要な指標です。速報なので為替に与える影響は大きく短期取引でも利益を出しやすい。市場予想では前回と同じ1.5%とそれていますが、これが2%かそれ以上のような強い結果がでればユーロ買いの勢いがつくでしょう。

経済指標発表後の為替予想 ⇒ EUR/JPYならHIGH

● アメリカ・雇用統計 1月5日(金)22:30
今週最も為替が動くとされている指標です。最近ではいい数字が出ず思ったほど為替が動かないので期待が薄れていますが、結果と為替の動きが素直に反映される指標のため見逃さないようにしましょう。ただ残念ながら前回の22.8万人よりも下回る18.8万人の予想が出ているので、今回もドル売りが進みそうです。

経済指標発表後の為替予想 ⇒ USD/JPYならLOW

● アメリカ・貿易収支 1月5日(金)22:30
同時にアメリカ・雇用統計が発表されるため貿易収支の結果は参考程度にとどまるでしょう。しかし貿易収支の結果がよければドル買いが行われる可能性があるので、2つの指標の結果を合わせて取引するといいでしょう。

経済指標発表後の為替予想 ⇒ USD/JPYならLOW

● アメリカ・ISM非製造業景気指数 1月6日(土)00:00
こちらの指標はアメリカ・雇用統計の結果と比例すると言われるほど関連性が強い指標です。最近ではアメリカ・雇用統計後に発表される事もあり為替に与える影響が小さいですが、結果の内容次第では為替が大きく変わるので注目して取引をしましょう。

経済指標発表後の為替予想 ⇒ USD/JPYならLOW

● アメリカ・耐久財受注(確報値) 1月6日(土)00:00
同時にISM非製造業景気指数も発表されます。そのため1つの指標の結果だけではなくISM非製造業景気指数の結果も参考にして取引をするといいでしょう。

経済指標発表後の為替予想 ⇒ USD/JPYならLOW

経済指標発表後は短期取引がおすすめ!高ペイアウト業者で荒稼ぎ

ハイローオーストラリアは出金トラブルゼロの人気優良業者!

ハイローオーストラリア
評価:(3.8) 口コミ:213件
  • ペイアウト2倍の短期取引が人気!
  • 入金額は業界最安値の5000円!
  • 銀行送金で翌日出金!トラブル0の業者!
業者情報・口コミ評判を見る 公式サイトへ行く

ハイローオーストラリアを始めるための3ステップ

評価振り分けデータグラフ

評価した人(0人)

凄く良い5
(0)
良い4
(0)
普通3
(0)
もう少し2
(0)
うーん1
(0)

コメントを残す

57 − 50 =

口座開設数やクチコミ評価が高い業者はココ!当サイトで皆さまに人気のバイナリーオプション業者ランキング!

1位High Low Australia(ハイローオーストラリア)

HighLowオーストラリア(HighLow Australia)

海外業者の中でも出金トラブルがない優良業者として有名なハイローオーストラリアは、銀行送金で翌日出金が可能!最低入金額は業界最安値の5,000円でバイナリーを始めることが出来ます!スプレッドハイローと短期取引はペイアウト倍率がなんと2倍!

2位theoption(ザ・オプション)

theoption(ザ・オプション)

最低入金額が5,000円と低コストで始められるtheoption(ザ・オプション)はペイアウト最大2倍と利益率が高く初心者におすすめの業者です。出金反映も早く最短3日で完了するなどサポート対応もいいです。

3位TRADE200(トレード200)

TRADE200(トレード200)

最低取引額が200円と始めやすい価格設定のTRADE200(トレード200)はペイアウト率も高く最大2倍とバイナリーオプション初心者におすすめ。さらに入金ボーナス最大60%キャッシュバックとサービス対応がいい業者です。

4位ソニックオプション(sonicoption)

ソニックオプション(sonicoption)

30秒取引でも最大ペイアウト率2.02倍と利益率が高いソニックオプション(sonicoption)は最低入金額が10,000円と初心者でも利用しやすい。さらに入金ボーナス最大60%+αキャンペーンを実施するなどとサービス対応がいい業者です。

安心して利用できる業者