口コミ評価が高い1番人気の業者はここ!
    ハイローオーストラリア
圧倒的支持で人気No,1のハイローオーストラリア!!
ペイアウト2.20倍の取引で沢山の利益!
業界最安値!5,000円から入金できる!
翌日出金可能!トラブル0のBO業者!
この業者の口コミ評判をみる 公式サイトへ行く


 
投稿日 : 2017年4月14日 更新日 : 2017年4月26日

EU離脱問題と為替への影響まとめ

ひび割れたEU

イギリスのEU(欧州連合)離脱で一気に注目を浴びることになった各国のEU離脱・残留問題。本記事では、これまでのEU離脱にかかわる流れをまとめています。

ブレグジット

2016年6月23日イギリスの国民投票によって決定したEU離脱。「brexit」(英国+出口)という言葉も作られました。離脱52%、残留48%という僅差での決定となってしまい、いくら投票とはいえ、本当に実行していいのか?と不安の声も多く、再投票を求める動きもありました。
初の離脱国を出してしまったEU。さらなる離脱国が現れるのではないかという不信が、世界中に広まっています。

2017年4月18日、英国のテリーザ・メイ首相は6月8日に総選挙を行う意向を表明。これは「実際にEU離脱をするかどうか」の選挙ではなく、「EU離脱に向けた政権発足」のための総選挙とされています。解散総選挙は2020年まで行われない予定でしたが、メイ首相は「安定した政権運営のため」と説明しており、ハードブレグジット(強硬離脱)方針への支持を訴えています。それに対し、EU大統領トゥスク議長は「対英交渉の方針に影響はない」としています。

GBP/JPY1時間足チャート [GBP/JPY1時間足]EU離脱決定をうけ低迷していたGBP(英ポンド)も上昇に転じた

免れたオランダ

2017年3月15日にオランダで行われた総選挙もまた、EU離脱にかかわるものでした。しかし「オランダのトランプ」といわれたウィルダース氏の敗北により、オランダはEU離脱を回避したといわれています。

フランスはどうなる?

4月23日に第1回大統領選挙を控えるフランス。EU離脱の国民投票を行うとするマリーヌ・ルペン氏と、EU維持を訴えるエマニュエル・マクロン氏。ここでもまた、離脱か残留かの対決という構図になっています。
ドイツと並んでEUの支柱となっていたフランス、万が一離脱となった場合、EURO(ユーロ)の価値は大暴落が避けられないでしょう。

第1回投票を終えて
第1回大統領選挙投票前後のEUR/JPY [EUR/JPY1時間足]22~23日は中東市場の取引で大きく窓が開いている

第1回投票はルペン氏とマクロン氏という大本命の2人が残り、市場の混乱は避けられました。選挙前の週末は市場も様子を見るように静かなレートでしたが、投票後の月曜日は3円以上高い状態でオープン。投資家の利確目当ての売りで下落が入ったようですが、その後はさらにユーロ高を記録しています。

まだEU離脱が無くなったわけではないフランス。しかしマクロン氏が優勢ということもあり、残留濃厚とされています。注目の第2回投票(決選投票)は5月7日(日)!

英国がEU(欧州連合)を離脱するとどうなる?
EU支持率とユーロの役割が低下
英国のEU離脱は確定ではない?撤回の可能性も
EU離脱のかかったオランダ総選挙の結果は…?
フランス大統領選はどうなる?外国為替相場に与える影響は?

相場変動時は高ペイアウトの狙い目!

ハイローオーストラリアは出金トラブルゼロの人気優良業者!

ハイローオーストラリア
評価:(3.5) 口コミ:441件
  • ペイアウト2倍の短期取引が人気!
  • 入金額は業界最安値の5000円!
  • 銀行送金で翌日出金!トラブル0の業者!
業者情報・口コミ評判を見る 公式サイトへ行く

評価振り分けデータグラフ

評価した人(0人)

凄く良い5
(0)
良い4
(0)
普通3
(0)
もう少し2
(0)
うーん1
(0)

コメントを残す

口コミアイコン 口コミアイコン 口コミアイコン 口コミアイコン

9 + 1 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください