投稿日 : 2018年12月7日 更新日 : 2018年12月14日

12月10日~16日は追い込み!FOMC前アメリカ経済指標が狙い目

経済指標

今年は暖冬なのかと思っていたら、一気に冷え込みよく体調を崩しやすい季節ですが、為替変動が常にありますね。

しかも20日に発表されるFOMCの利上げの影響でドルが今動いているので、取引をするのにいいタイミングでしょう。


12月10日~16日の狙い目経済指標と為替予想

アメリカ・生産者物価指数

時間前回の結果予想値発表後の動き予想
12月11日(火)22:300.6%0.1%USD/JPYでLOW

インフレの重要指標として注目されている経済指標です。

今回の発表では前回の0.6%よりも下回る予想なので、経済指標発表後はUSD/JPYでLOWになる可能性が高いでしょう。

アメリカ・消費者物価指数

時間前回の結果予想値発表後の動き予想
12月12日(水)22:300.3%0.1%USD/JPYでLOW

個人の物価指数が分かる指標<です。物価指数が高いという事は経済的に潤っている証拠なのでドルが買われやすい傾向があります。しかし逆に数字が悪いとドルが売られる理由にもなるので、結果と動きが直結してる経済指標と言えるでしょう。

今回の発表では前回の0.3%よりも下回る予想なので、経済指標発表後はUSD/JPYでLOWになる可能性が高いでしょう。

アメリカ・小売売上高

時間前回の結果予想値発表後の動き予想
12月14日(金)22:300.8%0.4%USD/JPYでLOW

小売売上高が高いという事は個人消費が多いという結果に結びつくため、この指標の結果がいいと経済が潤っていると判断されドルが買われやすくなります。

今回の発表では前回の0.8%よりも下回る予想なので、経済指標発表後はUSD/JPYでLOWになる可能性が高いでしょう。


発表後の動きを予想するコツと利益を出せるおすすめの方法

経済指標の発表後は為替が動くので狙い目ですが、経済指標発表後に為替を予想するとなると少し戸惑うでしょう。

そんなときにおすすめなのがある法則を利用して購入する方法です。

経済指標のよくある法則
前回や市場予想よりも良い結果がでればその国の通貨が買われる
前回や市場予想よりも悪い結果がでればその国の通貨が売られる

例えば米経済指標の発表で

前回:5% 予想:6% 結果:7%だったとしたらUSD/JPYでHIGH
前回:7% 予想:6% 結果:5%だったとしたらUSD/JPYでLOW

となる可能性が高いです。

ちなみに経済指標発表後は瞬間的に為替が動くことがあるので、1分程度の短期取引がおすすめ。

全て法則通りに動くわけではありませんが、発表後の動きに悩んだ時は参考にして取引をするといいでしょう。

相場変動時は短期取引で瞬間の動きを狙え!

ハイローオーストラリアは出金トラブルゼロの人気優良業者!

ハイローオーストラリア
評価:(3.5) 口コミ:462件
  • ペイアウト2倍の短期取引が人気!
  • 入金額は業界最安値の5000円!
  • 銀行送金で翌日出金!金融ライセンス保有でトラブル0の業者!
業者情報・口コミ評判を見る 公式サイトへ行く

ハイローオーストラリアを始めるための3ステップ

評価振り分けデータグラフ

評価した人(0人)

凄く良い5
(0)
良い4
(0)
普通3
(0)
もう少し2
(0)
うーん1
(0)

コメントを残す

口コミアイコン 口コミアイコン 口コミアイコン 口コミアイコン

11 − = 2

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください