投稿日 : 2017年12月4日 更新日 : 2018年1月31日

6日米ISM非製造業景気指数は市場予想通りならドル売りの危険あり!

アメリカ・ISM非製造業景気指数

アメリカ・雇用統計の先行指標として注目されているのが、アメリカ・ISM非製造業景気指数です。

アメリカ・ISM非製造業景気指数発表後の動きとアメリカ・雇用統計の発表後の動きがリンクすると言われているほど信憑性がある指標なので、チェックしておくと8日22時30分に発表されるアメリカ・雇用統計の取引の時に役立つかも!

と、いう事で今回はアメリカ・ISM非製造業景気指数で注目すべき点と、6日発表後の為替予想やおすすめのバイナリーオプション取引について紹介します。


アメリカ・ISM非製造業景気指数はどんな経済指標?

アメリカ・ISM非製造業景気指数とはアメリカ・雇用統計の先行指標として注目されている指標です。製造業以外の景気が分かるため、指標の結果次第でドルが大きく動くので注目の経済指標と言えるでしょう。


前回の発表後の為替変動から6日発表後の為替予想

アメリカ・ISM非製造業景気指数

上記の画像は11月3日(金)23:00のアメリカ・ISM非製造業景気指数発表後、1分足で見たUSD/JPYの為替変動です。

● 11月発表のアメリカ・ISM非製造業景気指数結果
前回 : 59.8, 予想 : 58.5, 結果: 60.1

この日は21時30分にアメリカ・雇用統計の発表があったためそこまで為替に変動が見られませんでしたが、前回や市場予想よりも結果が良かった事で、発表後はドル買いが行われましたが、一時的な動きに留まる結果となりました。

では今回12月6日(金)0:00に発表されるアメリカ・ISM非製造業景気指数発表後の為替変動を予想してみましょう。

● アメリカ・ISM非製造業景気指数 12月6日(金) 0:00
前回は60.1といい数字でしたが、今回の予想では59.0と下回る予想なので、予想とおりであればドル売りが進みます。ただし、いい結果がでればドルが買われる動きがあるので注意が必要です。USD/JPYでLOWになる可能性がある

為替が動く時におすすめの取引方法とは?

アメリカ・ISM非製造業景気指数は6日0時00分の発表です。少し遅い時間の発表ですが、この発表を機にドルが動き出すので、少しの為替変動を狙って取引をするのもいいかもしれません。

ちなみに上記では為替予想をしましたが外れる事もあります。そのため結果を見て判断するのも大事ですが、6日0時00分前後からUSD/JPY相場をチェックしてどちらに動くか判断して今動いてる方向(上昇してるならHIGH)と同じように購入すれば利益を出す事間違いありません。

そして為替が動く時は1分取引で取引がおすすめです。

とりあえず為替が動く時は取引しやすいタイミングなのでぜひこのチャンスを手にして後悔しないようにしましょう。

相場変動時は取引の狙い目!

ハイローオーストラリアは出金トラブルゼロの人気優良業者!

ハイローオーストラリア
評価:(3.5) 口コミ:456件
  • ペイアウト2倍の短期取引が人気!
  • 入金額は業界最安値の5000円!
  • 銀行送金で翌日出金!トラブル0の業者!
業者情報・口コミ評判を見る 公式サイトへ行く

ハイローオーストラリアを始めるための3ステップ

評価振り分けデータグラフ

評価した人(0人)

凄く良い5
(0)
良い4
(0)
普通3
(0)
もう少し2
(0)
うーん1
(0)

コメントを残す

口コミアイコン 口コミアイコン 口コミアイコン 口コミアイコン

23 + = 33

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください