オプションビットでビットコイン取引をしたが勝てない。裏技を教えて

質問に対する答え はい。オプションビットでは仮想通貨のビットコインの取引が可能です。ただ、仮想通貨は動きが安定せず予想が難しいので、トレーディングビューを利用しサポートラインやレジスタンスライン、MACDを使う裏技取引がおすすめです。下記では実際に取引をして内容をもとに分析する流れを紹介してるので参考にしてみてください。

今回取引に利用した分析ツールの詳細

トレーディングビュー(TradingView)の使い方を教えて!

トレーディングビューを使って購入のタイミングを見極める

まず、取引をする前に取引画面とトレーディングビューを別ブラウザーで開きましょう。例えば取引画面はGoogleでトレーディングビューはfirefoxで開くと分析しながら取引するのに便利です。

ビットコイン/米ドル トレーディングビュー

ちなみにトレーディングビュー(TradingView)を開くときは検索のところにBTCUSDと記入すると上記の画像のようにチャートの候補が出るので橙色の枠で囲ったFOREX.comのチャートがFXのものなので、バイナリーオプションでも使いやすいためおすすめです。

ビットコイン/米ドル トレーディングビュー

そしてローソク足の時間は橙色で囲ったように1時間足がおすすめ。どうしてかというと、オプションビットでは最短でも1時間取引なので、1時間単位で価格変動を確認しながら取引をすると利益を出しやすいからです。

あとは1分足~15分足などもこまめにみて購入ポイントを見極める事も大事です。

ビットコイン/米ドル トレーディングビュー

まずトレーディングビューを開き大まかに為替の動きをチェックします。そうすると上記の画像では3つ塊の変動が分かります。(※表示期間は直近10日程度です。)

もう少し細かる見るために橙色の丸の部分を見てみましょう。この橙丸の部分で直近3日間のデータです。

ビットコイン/米ドル トレーディングビュー

上記の画像は橙丸の部分で直近3日間のデータを拡大したものですが、ここにサポートラインとレジスタンスラインを引きました。

サポートラインとは支持線とも言われていて買い圧力が強いと思われる価格帯の事です。そして逆にレジスタンスラインは抵抗線とも言われていて売り圧力が強いと思われる価格帯の事です。

線を引くポイントとしては紫丸で囲ったようにローソク足から伸びたヒゲがある一定の位置で跳ね返っているところを見つけて横に線を引きます。

そしてこのサポートラインとレジスタンスラインを利用してエントリーポイント(購入タイミング)を見つけます。

上記の画像でいえば紫丸で囲ったようにサポートライン又は、レジスタンスラインに触りそうな直前に購入します。

● サポートラインにぶつかりそうなら
ここから反発して上昇する可能性が高いのでHIGHで購入
● レジスタンスラインにぶつかりそうなら
ここから反発して下降する可能性が高いのでLOWで購入

そして青丸で囲ったようにレジスタンスラインをローソク足が突き抜けたときは買い圧力が強いと考えられるので、こういうタイミングを狙って取引をするのも1つの裏技としておすすめです。

と、まぁ~ちょっとした裏技ですが、こういうタイミングで購入すると利益へとつながります。

ちょっとまった!

ビットコインなどの仮想通貨は動きが不安定です。そのため用心深く全体の動きなど値動きをチェックしてから購入しましょう。


これからどちらに動くかわからないときはMACDとRSIの動きもチェック

上記で説明したようにサポートラインとレジスタンスラインを利用してエントリーポイント(購入タイミング)で購入する裏技がおすすめなのですが、あまり発生しないタイミングなので、購入チャンスを気長に待たなければいけません。

そのためMACDとRSIを同時に開いてこれからどちらに動くか、今上昇しているのか下降しているのか分析するとより沢山のエントリーポイント(購入タイミング)を発見する事が出来ます。

ビットコイン/米ドル トレーディングビュー

例えばMACDの橙色の丸を確認すると青色のMACD線と黄色のシグナル線が交差してます。そしてローソク足の橙丸を確認すると緑色の陽線が出ていますね?

このようにMACD線が下からシグナル線を突き抜ける時は上昇する傾向があるため、HIGHで購入するといったようにこういうタイミングで購入するのも勝てるための裏技としておすすめです。

逆にMACD線が上からシグナル線を突き抜ける時は下降する傾向があるため、その時はLOWで購入しましょう。

あとはRSIを見て転換するタイミングを狙ってもいいかもしれません。ただ個人的にMACDの動きがローソク足に連動するので、現在の動きを把握するときはMACDを参考にしたほうが利益を出しやすいと思います。


分析に従って後は購入するのみ

まぁ言葉では伝わりにくいので、上記で説明した裏技を使い実際に取引検証をした内容を下記で紹介しますので、こちらも合わせて参考にすると勝ちやすくなると思います。

ビットコイン/米ドル オプションンビット 仮想通貨取引

まずここがエントリーポイント(購入タイミング)だーと感じた瞬間から発表します。上記の画像で橙色で四角に囲った部分を見てください。

ビットコイン/米ドル オプションンビット 仮想通貨取引

四角で囲った部分を拡大した画像ですが、ローソク足を見ると赤色の陰線が3本続き右下がりになってる感じがします。そして水色のMACDと黄色のシグナルが交差しそうです。

本当は水色のMACDと黄色のシグナルが完全に交差してからでもいいかと思いましたが、ローソク足の動きを見ると下降トレンドと考えて問題なかったので、今回LOWになると確信しました。

ビットコイン/米ドル オプションンビット 仮想通貨取引

上記の画像はオプションビットの取引画面ですが、右下がりになっていて直近では下降してるのが分かりますね?

ビットコイン/米ドル オプションンビット 仮想通貨取引

今回は1万円分の投資額で1時間15分の取引時間で下降すると予想し、LOWで購入しました。

ビットコイン/米ドル オプションンビット 仮想通貨取引

ここからいい感じに下降してくれると嬉しいです。

ビットコイン/米ドル オプションンビット 仮想通貨取引

スタート直後はちゃんと下降してくれたのですが、上昇してうまくいかないです。

ビットコイン/米ドル オプションンビット 仮想通貨取引

そんな感じでもやもやしてましたが、終了22分前に確認してみると下降してますよー。

ビットコイン/米ドル オプションンビット 仮想通貨取引

そのあとは若干の上昇はありましたが、思い通りに下降してくれるのでこの裏技使える感じだなーと感心するくらいです。

ビットコイン/米ドル オプションンビット 仮想通貨取引

はい。取引終了。危ない場面もありましたが、予想通り下降し、トレーディングビューを利用したサポートラインやレジスタンスライン、MACDを使う裏技取引のすばらしさが伝わったかと思います。

ビットコイン/米ドル オプションンビット 仮想通貨取引

ちなみに終了した取引を見る時は取引画面下の終了取引をクリックすると取引一覧を確認できます。

ここまでオプションビットの仮想通貨であるビットコイン取引で勝てる裏技を紹介しましたが、いかがでしたか?オプションビットの仮想通貨取引では取引時間が最短でも1時間と長いため分析がとても大事です。

為替の動きを利用してだましシグナルに合わないように気をつけて取引をしてみてくださいね。

独自の予想ツールで初心者でも勝てる!Optionbit(オプションビット)

Traderush
評価:(3.2) 口コミ:246件
  • 自動予想シグナルAlgobit(アルゴビット)!
  • 自動売買ツールフォロートレード搭載!
  • ライブチャット、電話など安心の日本語サポート
業者情報・口コミ評判を見る 公式サイトへ行く

オプションビットを始めるための2ステップ

評価振り分けデータグラフ

評価した人(0人)

凄く良い5
(0)
良い4
(0)
普通3
(0)
もう少し2
(0)
うーん1
(0)

コメントを残す

6 + 2 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください