投稿日 : 2015年9月16日 更新日 : 2017年1月30日

Ybinary(ワイバイナリー)のテクニカルチャートの使い方を教えてください!

質問に対する答え ペイアウト2倍の取引や『マックストレード』で人気のYバイナリーですが、無料で提供されているテクニカルチャートも人気の理由のひとつですね。今回はYバイナリーのテクニカルチャートの使い方を紹介していきます!

Yバイナリーテクニカルチャートの表示方法

Yバイナリープラットフォーム画面

取引画面のチャートが表示されている右上にアイコンがあるのでこちらをクリックします。少し分かりづらいと思いますが、上の画像の位置にあります!

Yバイナリーテクニカルチャート画面

アイコンをクリックすると、テクニカルチャートが別画面で表示されます。別々に表示されるので、取引画面と同時に見ることができスムーズに取引をすることができます。

Yバイナリーテクニカルチャートの使い方

Yバイナリーのテクニカルチャートは非常に細かい設定をすることができます。はじめは大変かもしれませんが、慣れるととても便利で使いやすいです。

Yバイナリーテクニカルチャート画面

「メジャー」を選択することでチャートの銘柄を選択することができます。主要な通貨ペアや、商品などのテクニカルチャートを表示させることが可能です。

Yバイナリーテクニカルチャート画面

「チャートタイプ」から表示させているチャートを選択することができ、基本的な「ローソク足チャート」「ラインチャート」などの他にも、「ドット」「ヒストグラム」なども選択することができます!ここまでタイプの豊富なチャートが業者から提供されているのは珍しいです。

Yバイナリーテクニカルチャート画面

「時間軸」から表示させているチャートの期間を選択することができます。”1分””5分””1時間””1日”と選択できるので、取引にあった期間設定ができます。

Yバイナリーテクニカルチャート画面

「Indicators」(インジケーター)からテクニカル指標を表示させることができます。無料で使えるとは思えないほど多くのツールが用意されており、しっかりとテクニカル分析できます!指標の詳細設定から、それぞれの色やデータの日数なども変更することができます。

テクニカル指標の編集方法

テクニカル指標は、自分好みに設定したいという方が多いと思います。取引の場面に応じて変更することで、有利な取引もできます。Yバイナリーのテクニカルチャートは、もちろんツールの詳細設定が可能です!

Yバイナリーテクニカルチャート画面

「Indicators」から「Open indicator form」を選択すると、上の画像のようにテクニカル指標の一覧が表示されます。トレンドタイプ、オシレータータイプなどから分かれており、自分の表示させたい指標の右側にチェックを入れると、チャートに指標が表示されます。「歯車マーク」をクリックすると、その指標の編集ページになります。

Yバイナリーテクニカルチャート画面

編集ページの「Parameters」から、指標に使用しているデータの期間などを選択することができます。

Yバイナリーテクニカルチャート画面

「Style」を選択すると、指標の表示方法を設定することができます。ラインの太さや色まで設定できるので、自分で分かりやすいようにツールを表示させることができます。

評価振り分けデータグラフ

評価した人(0人)

凄く良い5
(0)
良い4
(0)
普通3
(0)
もう少し2
(0)
うーん1
(0)

コメントを残す

口コミアイコン 口コミアイコン 口コミアイコン 口コミアイコン

− 5 = 2

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください