投稿日 : 2019年9月6日

ハイローオーストラリアのスプレッド取引とハイロー取引の違いは?

質問に対する答え スプレッドのありなしでスプレッドとは値幅の事です。
この記事では「HighLowスプレッド」の特徴・使い方やハイロー取引の違い。スプレッド幅が広い理由と原因を説明してます。バイナリーオプション業者ハイローオーストラリアのペイアウト2倍と人気がある業者なので、是非取引の参考にしてみてください。

通常の外国為替市場での建値と同様、売値と買値で建値された(スプレッドあり)新しいバイナリーオプション商品です。この商品はペイアウト倍率が2倍となり、相場が予想通り動けば、投資資金が単純に倍になります。この商品は、市場の動きが大きいと想定し、且つ、より高いペイアウト倍率を望まれる投資家向きです。
このオプションは、値動きの大きい相場を選好され、高ペイアウト倍率を望まれる投資家に適しております。
ハイローオーストラリアの取扱い商品説明より引用


通常のハイローと見比べてみよう

通常のハイロー取引はペイアウト1.85倍、現在のレートで約定

これは普通のハイロー取引の画面です。ペイアウトは1.85倍で、購入時はそのままのレートで約定(やくじょう)されます。

スプレッド取引はペイアウト2倍、スプレッドが足されて約定

一方スプレッド取引の場合、ペイアウトは2倍です。購入時は現在のレートそのままではなく、スプレッド(値幅)が足されたレートで約定されます。HIGHならば数pips高いレートとなり、LOWなら数pips低いレートとなります。

例:USD/JPYレートが111.606のときにHIGHで購入すると111.608でポジションされ、LOWで購入すると111.604でポジションされる。この差額をスプレッドという。

数字で見ると少しの差ですが、このスプレッドのありなしが大きく影響を与える場合があります。

ポジションの違いを比較

ポジションを比較してみるとこのようになります。ほぼ同じタイミングで購入していますが、スプレッド取引は少しずれた位置で約定されています。

これはスリッページ(滑り)の影響などではなく、スプレッド(値幅)があるためです。


どのくらいスプレッド幅があるのか銘柄ごとに調査してみた

ここからは実際にどのくらいスプレッド幅があるのか銘柄ごとに調査した内容を紹介します。

今回19時頃にスプレッド幅を調査しましたが、やはり夜は値動きがある(取引が多い)事や、現在EU離脱で揉めている事もありGBP/JPYやEUR/JPYのような銘柄のスプレッド幅がありました。

USD/JPY

スプレッド・・・0.30

USD/JPY HighLowスプレッド

EUR/USD

スプレッド・・・0.40

EUR/USD HighLowスプレッド

EUR/JPY

スプレッド・・・0.50

EUR/JPY HighLowスプレッド
スプレッド幅がある理由

イギリスのEU離脱問題でポンドが荒れている影響

GBP/JPY

スプレッド・・・0.90

GBP/JPY HighLowスプレッド
スプレッド幅がある理由

イギリスのEU離脱問題でポンドが荒れている影響。とくに夜はスプレッド幅がある

AUD/JPY

スプレッド・・・0.30

AUD/JPY HighLowスプレッド

AUD/USD

スプレッド・・・0.20

AUD/USD HighLowスプレッド

NZD/JPY

スプレッド・・・0.30

NZD/JPY HighLowスプレッド

EUR/GBP

スプレッド・・・0.40

EUR/GBP HighLowスプレッド
スプレッド幅がある理由

イギリスのEU離脱問題でポンドが荒れている影響

EUR/AUD

スプレッド・・・0.60

EUR/AUD HighLowスプレッド
スプレッド幅がある理由

イギリスのEU離脱問題でポンドが荒れている影響

GBP/USD

スプレッド・・・0.60

GBP/USD HighLowスプレッド
スプレッド幅がある理由

イギリスのEU離脱問題でポンドが荒れている影響

CHF/JPY

スプレッド・・・0.30

CHF/JPY HighLowスプレッド
スプレッド幅がある理由

イギリスのEU離脱問題でポンドが荒れている影響

CAD/JPY

スプレッド・・・0.30

CAD/JPY HighLowスプレッド

NZD/USD

スプレッド・・・0.20

NZD/USD HighLowスプレッド

USD/CHF

スプレッド・・・0.40

USD/CHF HighLowスプレッド

USD/CAD

スプレッド・・・0.20

USD/CAD HighLowスプレッド

AUD/NZD

スプレッド・・・0.20

AUD/NZD HighLowスプレッド

GBP/AUD

スプレッド・・・0.70

GBP/AUD HighLowスプレッド
スプレッド幅がある理由

イギリスのEU離脱問題でポンドが荒れている影響。とくに夜はスプレッド幅がある

GOLD

スプレッド・・・0.15

GOLD HighLowスプレッド

スプレッド取引はどんなときに使う?

スプレッド取引は、値幅のあるぶん大きな値動きがなければ勝てないため、より変動の強い相場を選ぶ必要があります。

相場変動が大きく、予想しやすい状況で狙いましょう。経済指標の発表直前などもおすすめです。

逆に、値動きの少ない相場ではスプレッドがあるぶん不利なので、使わないようにしましょう。

もし予想と違う方向に動いた場合でも転売機能を使う事が出来ます。

30秒と1分取引以外は取引終了1分前までは転売機能が使えるのでスプレッド取引を上手に活用して、2倍固定という高ペイアウトをゲットしましょう!

スプレッド取引の注意点

スプレッドは一定ではありません。相場の状況によって値幅が変動します。

ハイローオーストラリアは出金トラブルゼロの人気優良業者!

ハイローオーストラリア
評価:(3.6) 口コミ:362件
  • ペイアウト2倍の短期取引が人気!
  • 入金額は業界最安値の5000円!
  • 銀行送金で翌日出金!トラブル0の業者!
業者情報・口コミ評判を見る 公式サイトへ行く

評価振り分けデータグラフ

評価した人(1人)総合評価(3)

凄く良い5
(0)
良い4
(0)
普通3
(1)
もう少し2
(0)
うーん1
(0)

皆の口コミ掲示板

  1. 投稿者:りんだ評価:

    値動きがあるときはスプレッドがある方がいいけど全く動かないときは普通のハイロー取引の方が勝てる

コメントを残す

+ 20 = 22

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください