投稿日 : 2016年12月16日 更新日 : 2019年3月8日

オプションビットのスマホアプリはどうやって使うのですか?

お知らせ

OptionBit(オプションビットは2019年2月1日をもちまして閉鎖いたしました。

そのため評判が高く信頼があり、オプションビットのようにシグナルツールを搭載しているファイブスターズマーケッツでの取引をおすすめします。

シグナルツールで選ぶならファイブスターズマーケッツ!

binaryoption
評価:(3.1) 口コミ:127件
  • オートチャーティスト搭載で取引のアドバイスをしてくれる!
  • 高倍率の3.16倍のペイアウト!
  • 最短当日のクイック出金!
業者情報・口コミ評判を見る 公式サイトへ行く

質問に対する答え OptionBit(オプションビット)のスマートフォン向けアプリの操作方法についてご紹介します。アプリはiPhone(アイフォン)、Android(アンドロイド)ともに対応しています。

もくじ
・アプリにログインする
・取引画面の操作方法
・入出金やマイページ、設定変更など

アプリにログインする

オプションビットアプリ起動時

アプリ起動時の画面です。(当記事ではAndroid版を利用しています)
すでにオプションビットのアカウントをお持ちの場合は「ログイン」をタップします。アプリからの口座開設も可能です。その場合は「申し込む」をタップします。

ログイン画面

ログイン画面

アカウントに登録したメールアドレスとパスワードを入力し、「ログイン」をタップします。一度ログインしていれば、アプリ内からログアウトするまで自動でログインされます。

口座開設画面

口座開設画面

口座開設をする場合は、各項目に個人情報を入力し「申し込む」をタップします。利用条件の箇所をタップすると規約が表示されますが、英語表記なのでオプションビットの公式サイトで確認しておくことをおすすめします。

オプションビットでは、原則として初回入金後10日以内に本人確認書類の提出をする必要があります。登録後そのまま取引を始めたい方は、ご入金前に必要な書類の準備をしておけば、スムーズに取引がスタートできます。

オプションビットの口座開設方法や入金方法、注意点などに関しては、業者詳細ページをご覧ください。
OptionBit(オプションビット)業者情報と口コミ評価評判まとめ

▲もくじへ戻る

取引画面の操作方法

オプションビットアプリ取引画面
オプション切り替え
デジタル(ハイロー取引)やターボ(短期取引)など、取引方法を切り替えます。
チャート切り替え
表示するチャートの種類を切り替えます。ライン、エリア、ローソク足から選択可能。時間足設定もできます。(ティック、1分、5分、15分、30分)
銘柄変更
タップするとアセット一覧が開きます。取引したい銘柄を選択します。
取引/残り時間
タップすると購入した取引一覧が表示されます。ターボで取引中の場合は、残り時間が表示されます。(その場合も、タップすると一覧を見ることができます)
満期時刻を選ぶ
満期時刻または取引終了までの長さを選択します。(表示されていない時間帯の取引は選べません)
金額
取引金額を決めます。数字をタップすると、直接入力できます。(最低取引額は1000円/$10)
プット/コール
購入する方向を選択します。(ワンクリック機能を使用している場合は、タップするだけでポジション購入となるので誤操作に注意)

上記の他にも、チャート部分をスワイプやピンチイン・ピンチアウトすると、レートをさかのぼったり拡大・縮小などができます。

▲もくじへ戻る

入出金やマイページ、設定変更など

メニューを開く

画面左上のアイコンをタップすると、メニューが表示されます。アカウント情報確認や入出金、サポートへの問い合わせなどが可能です。

設定を変更する

設定画面

言語の切り替えや取引の設定も可能です。
「取引を確定する」はいわゆるワンクリック取引機能です。日本語状態では分かりづらいですが、英語名は「Ask for trade confirmation」(取引の確認をする)という機能で、購入時の確認を表示するかどうかを設定できます。機能をオフにすると、プット/コールをタップするだけで購入できるようになります。連続でタップしてしまうとその回数分購入されるので、使用には十分ご注意ください。

▲もくじへ戻る

評価振り分けデータグラフ

評価した人(0人)

凄く良い5
(0)
良い4
(0)
普通3
(0)
もう少し2
(0)
うーん1
(0)

コメントを残す

口コミアイコン 口コミアイコン 口コミアイコン 口コミアイコン

+ 88 = 97

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください