口コミ評価が高い1番人気の業者はここ!
    ハイローオーストラリア
圧倒的支持で人気No,1のハイローオーストラリア!!
ペイアウト2.20倍の取引で沢山の利益!
業界最安値!5,000円から入金できる!
翌日出金可能!トラブル0のBO業者!
この業者の口コミ評判をみる 公式サイトへ行く


 
投稿日 : 2017年5月15日

集合写真でG7イタリア・タオルミーナサミットがわかる?

2017G7タオルミーナイメージ画像

5月26~27日、イタリアのTaormina(タオルミーナ)でG7(先進国首脳会議)が開催されます。サミットといえば各国首脳の集合写真ですね。この配置によって「どの国同士が仲良しなのかが分かる」と噂されていますが、実はこの立ち位置にはルールがあるのです。

G7(ジーセブン)とは
フランス、アメリカ合衆国、イギリス、ドイツ、日本、イタリア、カナダの先進国のこと。Group of Sevenの略称。会議は7か国の首脳とEU(欧州連合)の理事会議長、委員長とともに行われる。

集合写真の立ち位置ルール

まず議長国の首脳(サミットの開催国)が真ん中です。その周りは、地位(大統領>首相)や在任期間の長さで順番が決められます。
8、6、4、2、1、3、5、7、9
という配置です。両端はEUの二人と決まっています。

上記のルールに今年の各首脳を照らし合わせると、
1.パオロ・ジェンティローニ(イタリア首相)
2.アンゲラ・メルケル(ドイツ首相)
3.安倍晋三(日本首相)
4.ジャスティン・トルドー(カナダ首相)
5.テリーザ・メイ(イギリス首相)
6.ドナルド・トランプ(アメリカ大統領)
7.エマニュエル・マクロン(フランス大統領)
8.ドナルド・トゥスク(欧州理事会議長)
9.ジャン=クロード・ユンケル(欧州委員会委員長)
今回の集合写真ではこのような配置になると予想できます。

今回は新就任の首脳が多いため、集合写真も新鮮なものになるでしょう。サミットの内容としても、今までにないものとなるかもしれません。顔合わせが初となる首脳が多いため、そういった意味でも注目のサミットです。

参考:ITALIAN G7 PRESIDENCY 2017(G7イタリア)公式サイト(http://www.g7italy.it/en

評価振り分けデータグラフ

評価した人(0人)

凄く良い5
(0)
良い4
(0)
普通3
(0)
もう少し2
(0)
うーん1
(0)

コメントを残す

口コミアイコン 口コミアイコン 口コミアイコン 口コミアイコン

9 + 1 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください