投稿日 : 2017年5月12日

FXの取引方法を簡単に教えてください

質問に対する答え FXの基本的な取引の仕方をご紹介します。バイナリーオプションではウェブサイト上での取引が主ですが、FXではMT4やMT5を使った取引が主流です。まずはメタトレーダーをダウンロードしましょう。
MT4、MT5とは何ですか?どこでダウンロードできますか?

FX取引の仕方

注文パネルか新規注文をクリック

取引したい銘柄のチャートを表示させたら、好きなタイミングで買い/売りの注文をします。左上にある取引パネルや「新規注文」からポジションの購入が可能です。より詳細な情報が確認できる「板注文画面」もあります。

オーダー画面の見方

MT5のオーダー画面
銘柄
取引したい銘柄を選択します。
数量
一度に購入するロットの数です。多くなるほどレート変動に対する損益の変動も大きくなります。
S/L(ストップロス)
設定した数値にレートが達すると、自動で損切りされます。
T/P(テイクプロフィット)
設定した数値にレートが達すると、自動で利益確定されます。
成行売り(Sell)
売りでポジションを購入します。レートが下がるほど利益が大きくなります。
成行買い(Buy)
買いでポジションを購入します。レートが上がるほど利益が大きくなります。
ポジション購入後の画面

ポジションを購入すると、上の画像のような表示が追加されます。FXでは基本的にスプレッドがあるので、損益はマイナスからのスタートになります。予想した方向へある程度レートが動けば、損益がプラスになります。

損益を確定させるには

注文をクリックすると決済ができる

ポジションの購入時にストップロス(損切り)やテイクプロフィット(利食い)などのレートを設定しておけば、そのレートに達したときに自動で決済されます。とくに長時間レートから目を離す場合は、忘れずにストップロスを設定しておきましょう。

自動決済を使わない場合は、手動で決済する必要があります。手動決済は損失額がより大きくなってしまう恐れもありますが、自分の好きなタイミングで決済できるという利点があります。ポジション購入時と同様に、左上の取引パネルから決済できます。損益を確認し、好きなタイミングで決済をクリックしましょう。

決済後の画面

決済するとこのような画面が表示され、そのときのレートにマークがつきます。
FXではBOと同様に複数のポジションを持つことが可能ですが、多くのポジションを抱えると管理も大変になってきます。取引に慣れるまでは、1回の取引で1つのポジションをもち練習しましょう。

おすすめのFX業者

XMトップ画面

海外FX業者の中でも、特におすすめなのはXMです。世界でもトップクラスのサービス展開を行っており、信頼のFX業者です。

業者情報・口コミ評判を見る
XM公式サイトへ

評価振り分けデータグラフ

評価した人(0人)

凄く良い5
(0)
良い4
(0)
普通3
(0)
もう少し2
(0)
うーん1
(0)

コメントを残す

口コミアイコン 口コミアイコン 口コミアイコン 口コミアイコン

52 − 45 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください